腰痛持ちの自分に合う敷布団の硬さは?腰痛に良い敷布団の選び方

腰痛にいい敷布団の硬さが知りたいけど、どう選んでいいのか迷ってませんか?
実際硬さは、柔らかい・硬いなどの人の感覚の部分が大きく曖昧なものですよね。しかし、腰痛持ちの方にとって敷布団の硬さは腰痛を悪化を防いでくれるという重要な役割があります。
そのためには、自分に合う敷布団の硬さを選ぶ方法を知ればいいんです!そうすれば、腰に負担がかからずゆっくり眠ることができます。
しかも、寝て確認するしかない硬さを数値で知ることが出来れば、自分に合う硬さは大体これくらいと検討がつき、忙しくても短い時間で敷布団を選ぶこともできるのです。

この記事では

  • 自分に合った敷布団の硬さの選び方
  • 敷布団の硬さの目安
  • 腰痛持ちの敷布団選びは、体圧分散に注目!
  • 腰痛の人が選んではいけない敷布団

などを、体重・筋肉量・姿勢などの条件に照らし合わせて理想の硬さを詳しくご紹介しています。
自分にあった硬さの敷布団が見つかれば、毎朝すっきり目覚めることができます!

管理人も使っている腰痛対策の敷布団
フワッフワッで雲の上で寝ているような気持ち良さを実感できます。敷布団やマットレスとして両方使えます。万が一、あわなければ、使った後でも返金保証があるのが特徴、使用後の返金保証は基本どの会社もありません。

雲のやすらぎの公式ページ

*当記事の腰痛の効果・改善するという意味は、適切な寝返りをできないことで発生する腰痛を対策することを意味します。ヘルニアの方などは必ず医療機関で見てもらいましょう。

某大手敷布団を19,000枚販売し、睡眠と腰痛に悩む方は多いと痛感!そこで一般社団法人 日本能力教育促進協会「睡眠コンサルタント」を取得し、睡眠と腰痛に悩む方へアドバイスを行っています。

自分に合った敷布団の硬さの選び方


実際に敷布団を選ぶ時、「自分に合った硬さ」であることが大切ですが、同時に今の自分の状態を知ることが重要です。
この記事では、

  • 体重
  • 筋肉量
  • 姿勢
  • 好みの硬さ
など、自分に合う敷布団の硬さの選び方を詳しくご紹介しています。

体重

体重によって敷布団の沈み込みが違い、体重が重い場合は沈み込みが多く腰に負担をかけてしまいます。
そのため、体重の重い人は硬い敷布団で沈み込まないようにし、反対に体重の軽い人は沈み込みが少ないので、柔らかい敷布団がオススメです。
次の表は、体重と硬さの一覧になります。

体重 硬さ
40㎏以下 柔らかい
50㎏ 普通
70㎏ 硬い
100㎏ 硬い

体重が軽い子供や女性は、沈み込みが少ない分、柔らかい敷布団でも体を支えられますが、男性や妊婦・体重のある人は、頭部・肩甲骨、お尻の3点の沈み込みが激しいのでそれを支えられる硬い敷布団がおすすめです。

注意
しかし、子どもや体重の軽い女性でも、体が沈み込むようでしたら柔らかい敷布団はやめて下さい。体を支えられなけれる硬さでなければ意味がありません。

筋肉量

敷布団選びで寝返りの打ちやすさは重要です!筋肉量が少ない人は寝返りが少なくても体を圧迫しない柔らかい敷布団、筋肉量のある人は沈み込みが少ない硬い敷布団が快適に寝れます。

腰痛持ちの敷布団選びには、寝返りの打ちやすさが絶対の条件です。なぜなら、腰痛に1番悪いのは同じ姿勢で長い時間いることだからです。

しかし、高齢になると、どうしても体の筋力が落ちてしまい、寝返りをするだけの筋肉が不足しがちです。そのため、寝返りの回数が少なく同じ体勢でいることが長くなり、硬い敷布団では、敷布団と体の接する箇所が圧迫され血流が悪くなってしまうので、柔らかい敷布団があっています。
一方、筋肉量のある人はたいてい体格のいい、体重のある人が多いため、硬い敷布団の方が沈み込みもなく、寝返りしやすいです。

たとえば、体重100㎏の人は体重で見ると硬い敷布団ですが、筋肉が多ければより硬い敷布団がよく、筋肉量が少なければ、普通~硬い敷布団がよいとが言えます。

先ほどの体重別の硬さと筋肉量を組み合わせてまとめると

体重 筋肉量 理想の硬さ
40㎏以下 少ない 柔らかい
多い 柔らかい~普通
50㎏ 少ない 柔らかい~普通
多い 普通
70㎏ 少ない 普通~硬い
多い より硬い
100㎏ 少ない 普通~硬い
多い より硬い

姿勢

姿勢が整っている人は敷布団に対して体が安定しているので、どの硬さでも大丈夫ですが、姿勢が歪んでる人は適度な硬さのある敷布団がオススメです。

姿勢が整っていると、首、肩、腰、膝、くるぶしが一直線に並んでまっすぐなので、体重が分散されてとても安定しています。しかし、姿勢が歪んでいると、腰が反っていたり、お尻が沈み込んでいたり、体を点で支えているため腰に負担がかかっているのです。

そのため、姿勢が歪んでいる人は沈み込みの激しい柔らかい敷布団や体のゆがみで腰などに隙間の出来る硬い敷布団では腰痛が悪化する可能性があるので、負担を分散してくれる適度な硬さのある敷布団がオススメです。

例えば、体重70㎏で筋肉が多いと敷布団は硬い方がいいのですが、姿勢が歪んでる場合はそのまま硬い敷布団を使うと隙間ができるので少し柔らかめを選んでもいいでしょう。
さらに、体はどこか一部が歪んでいると、体全体でバランスを取ろうとするので、他の部位までゆがんしまいます。体のゆがみから痛みやコリなどの症状に発展する場合もあるので、日頃から正しい姿勢を心がけましょう。

好み硬さ

実は敷布団の硬さを選ぶ時に、好みは重要な判断材料になります。ぐっすり寝るためには体をリラックスさせる必要があるからです。
腰の「痛み」は腰の筋肉が緊張している状態なので、その緊張を緩める必要があります。「緊張=力」を抜くためには、リラックスすることが重要ですよね。
しかし、体に力が入ったままではリラックスしていないので、自分の1番安心できる硬さを知ることが大事です。
ただし、好みは人それぞれの感覚なので正解はありません。体重・筋肉量・姿勢ででた理想の硬さを参考にしながら、調整してくださいね。

敷布団の硬さの目安って?

敷布団の硬さは、N(ニュートン)という単位で表され、数値大きくなるほど硬くなります。

硬い敷布団を選びたいけど、どこを見ればいいのかわからないと迷う方は意外と多いのではないでしょうか?一言に、敷布団の硬さと言ってもその硬さは様々です。

そのため、購入者が情報を見て簡単に分かるように、敷布団の硬さはN(ニュートン)と言う単位が使われおり、この数字を見るとある程度の硬さを知ることができます。

60N以下 柔らかい
60~100N以下 普通
100N以上 硬い

単位:N(ニュートン)
ニュートンの数字は敷布団内のウレタンの密度で決まり、密度が高ければ硬く、へたりにくくなっていのです。

さらに、先ほどの体重別の硬さと筋肉量を組み合わせた表の理想な硬さをニュートンで数値にすると

体重 筋肉量 理想の硬さ
40㎏以下 少ない 40N(60N以下)
多い 40-100N
50㎏ 少ない 40-100N
多い 60-100N
70㎏ 少ない 150N前後
多い 200N以上
100㎏ 少ない 180N前後
多い 200N以上
注意
ただし、ニュートン数の表示がない敷布団もありますし、寝た時の感触は素材ごとに違うので、同じニュートン数でも敷布団によって変わります。購入前には必ず寝転がって試して下さい。

腰痛持ちの敷布団選びは、体圧分散にも注目!


腰痛持ちにとって、もっとも重要なのは寝ている時に腰をしっかり支えられることです。そのためには、体の重い部位が沈み過ぎることなく、体にかかる圧力を均等に分散してくれる、体圧分散の敷布団が理想になります。

敷布団は体重に応じて沈み、頭、肩、腰、脚などの重い部位に強く圧力がかかり負担が大きくなるため、体を均等に支えられません。その結果、負担が大きい部位は、無理な力がかかり腰痛の原因なのです。

とくに、腰へかかる負担は大きく、全体重の44%にもなります!

さらに詳しく説明すると、

仰向けで寝た場合
  • 腰まわり  44%
  • 肩まわり  33%
  • 頭        8%
  • 脚        15%

体重70㎏の男性の場合、約31㎏もが腰に負担がかかっていることになり、腰に集中している負担を軽減させる必要があります。

しかし、柔らかい敷布団では腰にかかっている負担を支えきれずに沈み、背骨が「く」の字になり、硬い敷布団は、体の出っ張った部分に負担がかかり、背骨と腰の部分に隙間ができ、腰痛を悪化させるのです。

そのため、体重の重い部位だけで体圧を支えるのではなく、体全体でうまく分散して均等に支える体圧分散できる敷布団を選ぶ必要があります。

ただし、体重によって体圧分散できる敷布団は人それぞれ違うので、実際に寝て確認することがオススメです。

腰痛の人が選んではいけない敷布団

敷布団の硬さを選ぶポイントはわかったけど、いざ選ぶとなるとちゃんと選べるか心配や不安だと思っていませんか?

自分にぴったり合う硬さの敷布団を選ぶのなかなか難しいものですが、腰痛持ちが絶対に選んではいけない敷布団はとても簡単ではっきりしています。

  • 柔らかすぎる敷布団
  • 硬すぎる敷布団

の2種類になり、腰痛持ちの方が間違えても選ばないために、

  • 腰痛に悪い理由
  • 見分ける方法
を、わかりやすくご紹介しています。

柔らかすぎる敷布団

体にフィットするので寝心地はいいが、体が沈み込み過ぎてしまい寝返りが打ちづらく腰などに必要以上に負担をかけてしまう。

柔らかい敷布団を寝心地がいいと感じる人は多いのではないでしょうか?衣類やシーツなども硬いより柔らかいほうが気持ちいいし、柔らかいとある程度、形を変えてくれるので体にフィットして安心感もあります。

しかし、柔らかすぎる敷布団では体圧を支えきれないので体重のかかる部分が沈み込み、必要以上に負担をかけてしまいます。さらに寝返りを打つ時には、1度腰に力を入れて、お尻を持ち上げることになるので腰にかかる負担がとても大きくなる上に、眠っている時間(6~8時間程度)の間、悪い姿勢をし続けてることになるのです。

もし、敷布団が柔らかすぎないかチェックしたいのであれば、仰向けに寝て、体が「く」の字にならないか確認してください。体重のかかる箇所だけが沈み込むのであれば、その敷布団は柔らかすぎます。

特に体重が重い人は、今腰痛がなくても柔らかすぎる敷布団で寝続けると腰痛になる可能性が高いので注意がです。

また、柔らかい敷布団は硬い敷布団に比べ、耐久性が劣っているのでへたりが早く寿命が短くなります。

硬すぎる敷布団

体が沈み込まず寝返りは打ちやすいが、あまりにも硬いと敷布団に接する部分が圧迫され腰や背中に痛みがでます。

腰痛持ちは「硬い敷布団で寝るといい」と言うのを聞いたことがありませんか?確かに、柔らかすぎる敷布団では体が曲がってしまうので、硬さは必要です。

しかし、硬すぎる敷布団は寝てみるとわかるように、腰は痛くなくても体が痛い寝心地がいいとは言えません。さらに、長い時間同じ姿勢で寝ていると、敷布団と接している箇所が圧迫され痛みがでてしまいます。

もし、仰向けで寝た時に敷布団と腰の間に手が入るくらいの大きな隙間ができるのであれば、敷布団が硬すぎるために体圧分散されてない証拠です。

また、硬すぎる敷布団は通気性がいいことが多く、保温性が高いとはいえません。夏場は快適に過ごせますが、寒い冬場は保温性が高くないと全身が冷え腰痛が悪化するので注意が必要です。

まとめ

この記事では、

  • 自分に合った敷布団の硬さの選ぶポイント
  • 敷布団の硬さをニュートンで見る方法
  • 腰痛持ちの敷布団選びには体圧分散
  • 腰痛持ちが選んではいけない敷布団の理由と見分ける方法
をご紹介してきました。

 

敷布団の硬さを選ぶポイントは、人それぞれ体重や筋肉量によって合う硬さが違います。しかし、共通して言えるのは、身体の重い部分だけで体圧を受けるのではなく、体全体で体圧を分散することが重要なのです。
そうすれば、つらい腰痛でもゆっくり眠ることができ、毎日元気に過ごせます。ぜひ、この機会に自分に合う硬さの敷布団を見つけて下さいね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA